FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玉ねぎを炒めない、時短でおいしいハンバーグの作り方

砂糖なし料理レシピ
04 /21 2017
ハンバーグって、手間がかかるし材料も色々そろえないといけない…
そんなイメージがありませんか?

我が家では、ハンバーグといったら結構手間がかからない部類に入っています。
それはなぜか?

「玉ねぎを炒めない」からです!

え?そこ省いてもいい工程なの?と思われるかもしれませんが
全然、問題ないです(^^♪

玉ねぎを炒めてから混ぜ込んだハンバーグは柔らかい食感ですが
玉ねぎを炒めずに入れたハンバーグは玉ねぎのシャキシャキとした食感が楽しめます。

詳しい作り方は以下のとおりです。

20170421003546799.jpg
〈材料〉
a
合いびき肉   300g
玉ねぎ      1/2個
(みじん切りにする)
卵         1個
塩         小さじ2/3


赤ワイン     大さじ1
醤油       

油         適量
    
〈作り方〉
①aをボウルで合わせて混ぜる。
※玉ねぎは炒めません

②楕円形に成型し、油を引いたフライパンで片面を焼く。

③片面に焼き目が付いたらひっくり返し、水を入れてフライパンに蓋をし、蒸し焼きにする。

④火が通ったら、bをハンバーグにからめる。
※火が通った目安→ハンバーグを軽く押して透明な肉汁が出る

⑤皿に盛り、フライパンに残った肉汁も上からかける。
肉から出たうま味がつまっているので捨ててしまうのはもったいないですよー。

☆ポイント
玉ねぎにこだわらなくても、家にある野菜(人参、きのこ類、ネギ、ピーマンなどなんでも)をみじん切りにして混ぜてもOKです。

以上です。
ソースやケチャップなどの特別な調味料、パン粉や牛乳も使わず少ない材料で十分おいしく作れるので、この作り方にしてからハンバーグ=手間という図式がなくなりました。
パン粉や牛乳を入れると、やわらかい食感になりますが、私を含め家族みんな、ハンバーグにやわらかさをそれほど求めていないので。
また、今日は赤ワインがあったのでソースに使いましたが、いつもはバターと醤油で味付けをしています。
バターも赤ワインも無かったら、醤油だけで味付けをし大根おろしを添えるのも良いかもしれません。

そんな感じで
とにかく、絶対これ!!というやり方はなく人それぞれなので
自分に合ったやり方を見つけられると
料理が楽しくなるのではないのかなと思います。

私も結婚当初は
玉ねぎは炒めて~
パン粉を混ぜて~
ケチャップもかけて~などと
お手本通りに作っていましたが、
子どもが2人生まれて料理に時間は多くかけていられなくなり
いかに手間を省いて美味しく(←ここは大事です)
作るか?を考えた結果、
現在の作り方になりました。

調味料の量も記載はしていますが、基本は皆さんが美味しいと思う味で量を加減されると良いと思います。

ただし、使う調味料については
大量生産された粗悪なもの(例:200円/ℓしないような醤油など)ではなく
良いものを選んでくださいね。

~イベントのご案内~
5/21(日)喫茶さえき にて
好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ広島

********************

大切なご自身のため、ご家族のために
「食」のことを勉強してみませんか?
ご自宅まで出張してお話します(交通費要相談)。
現在、モニター様を募集しております。
(残り7名様です)
下記の限定料金にてご対応いたします。


~相談メニュー&料金~
☆ママは楽ちん♪おかゆにこだわらない
 離乳食の進め方
 ¥1,000 60分

☆おやつがカラダをつくる!栄養満点おやつの選び方
 ¥1,000 60分

☆知っているようで知らない!?
 安心・安全でおいしい油・調味料の選び方
 ¥2,000 90分

※メニューにない内容をご希望の場合も、ご相談ください。
 ペア割もあります。

まずは下記メールアドレスへお気軽にご連絡ください。
makipom7☆gmail.com
(☆を@に変えてください)


●Facebook
(友達申請お気軽にどうぞ)
http://www.facebook.com/maki.sugawara11

●Twitter
(フォローお気軽にどうぞ)
https://twitter.com/suga_maki_maki

●Instagram
(フォローお気軽にどうぞ)
https://www.instagram.com/maki.suga11/
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スガワラマキ

1988年生まれ。東広島市在住の管理栄養士。2014年、2016年生まれの2児の母でもある。子ども達がアトピーを発症したことをきっかけに自然派という生き方にのめり込むが、心身ともに疲れてしまい脱自然派。不安や心配や義務や使命…はいったんほったらかして、自分自身の好きや楽しい、心地よさを意識する生き方にシフトしました。「こだわりすぎない、とらわれすぎない」をキーワードに一人一人が納得のいく食材選びの方法、離乳食やおやつ、砂糖を使わない料理のことなどをお伝えします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。