FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂糖なし生活をしている一家が砂糖を大量摂取するとどうなるか

砂糖なし生活
05 /04 2017
夫の祖父母宅(鳥取県)へ一泊しに行きました。

年に一度のことなので、それはもう楽しみにしてくださっています。

到着するとすぐに、ジュースにチョコパイ、ラング・ド・シャ、さらには手作りシフォンケーキまで用意してくださっていて大歓迎していただきました。

息子は初めて口にするものばかりで
目を輝かせていました(^-^;

それから夕食前に
それぞれ手土産として持ち寄ったお菓子(クッキー、饅頭など)を食べながら雑談タイム。

ここでも息子は目がキラキラ。
これなに?なんの味?甘いね(*^^*)❤
と。
ここで私は、息子の食べすぎを阻止すべく、息子のお菓子を奪い。⬅すごい嫌なやつ笑

夕食後は、夫の叔母の結婚祝いの大きなケーキ!
叔母夫婦の似顔絵入りの素敵なケーキでした。

ケーキが大きいので一人あたりの量もそれなりに多く。
が、息子はペロリ。私の分も奪ってきました。
私と夫の心の中は
甘い!甘すぎる…( ;∀;)
途中で休憩を挟みながらどうにかこうにか食べきりました…
かなり辛いものがありました。
正直、一口二口でもう十分だと感じていました。
ちなみにこのケーキは
特別甘いものだったというわけではなく、
日常的に甘いものを食べている人にとっては、甘さ控え目に感じたようです。

そして二日目。まだまだ続きます。

朝食と昼食の間に、
近所の店のパンを買いに行き
皆でつまみながら雑談。
パンはクリームやあんこなど入っているものはなかったのですが(よもぎきな粉
パン、カレーパン、食パン、いちじくパン、クロワッサンなど)、私には十分な甘さ。

昼食後に饅頭、どら焼き、ちんすこう。

うはー。もう限界ー。笑


その結果。

私も夫も息子もものすごい口渇感に襲われました。
私は胸(授乳中)が痛くなりしこりができてしまいました。
お腹を下しそうな予兆も…
夫は皮膚の痒み。
息子はアトピー症状の悪化。
かゆいーかゆいーと
泣きながらかきむしって
あちこち血がにじんでいます。
砂糖をとることの害を体で再認識しました。

また、甘いもの断ちが
しっかり身に付いていると

久しぶりに甘いものを食べても再び甘いもの欲求に襲われることはない。
甘いものへの耐性がなくなっている。
甘いものは「癒し」にならない。

とも分かりました。

しかし、子どもの場合(息子の場合)は
違っていて、歯止めがきかなくなりました。
味覚が発達段階にあるからな気もします。

今回は
歓迎ムードを壊したくない
久しぶりの楽しいお祝いの場に水を指したくない
たまに甘いものを食べることに目くじらたてなくてもいいんじゃないか
ダメダメ言い続けることの方がストレスで良くないんじゃないか

そんな思いで、普段の方針をガラッと変えてしまいましたが

間違っていました。

おじいちゃんおばあちゃんが悪いとは思っていません。
良い顔したかっただけの自分です。
今、アトピー症状がひどいときなのに
食べない方がいいことを事前に伝えられなかった。

もちろん、砂糖のせいだけではないと思います。
気温が上がって暑くなってきたこと
知らない人にたくさん会った緊張からのストレス
なども関係あったでしょう。

でも私は砂糖の害のことを知っていました。
子どものためにできることを、
しなかった。

親のエゴ、大人のエゴを正当化しただけ
の完全なる毒親でした。

砂糖の味を覚えてしまった息子、
まだ砂糖を知らない娘には
これからも砂糖が良くないものだということを伝えていかなくてはいけないし

何より
親自身が、食べない姿を見せること
が一番ですね。


~イベントのご案内~
5/21(日)喫茶さえき にて
好きを仕事にする見本市~かさこ塾フェスタ広島

********************

大切なご自身のため、ご家族のために
「食」のことを勉強してみませんか?
ご自宅まで出張してお話します(交通費要相談)。
現在、モニター様を募集しております。
(残り7名様です)
下記の限定料金にてご対応いたします。


~相談メニュー&料金~
☆ママは楽ちん♪おかゆにこだわらない
 離乳食の進め方
 ¥1,000 60分

☆おやつがカラダをつくる!栄養満点おやつの選び方
 ¥1,000 60分

☆知っているようで知らない!?
 安心・安全でおいしい油・調味料の選び方
 ¥2,000 90分

※メニューにない内容をご希望の場合も、ご相談ください。
 ペア割もあります。

まずは下記メールアドレスへお気軽にご連絡ください。
makipom7☆gmail.com
(☆を@に変えてください)


●Facebook
(友達申請お気軽にどうぞ)
http://www.facebook.com/maki.sugawara11

●Twitter
(フォローお気軽にどうぞ)
https://twitter.com/suga_maki_maki

●Instagram
(フォローお気軽にどうぞ)
https://www.instagram.com/maki.suga11/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スガワラマキ

1988年生まれ。東広島市在住の管理栄養士。2014年、2016年生まれの2児の母でもある。子ども達がアトピーを発症したことをきっかけに自然派という生き方にのめり込むが、心身ともに疲れてしまい脱自然派。不安や心配や義務や使命…はいったんほったらかして、自分自身の好きや楽しい、心地よさを意識する生き方にシフトしました。「こだわりすぎない、とらわれすぎない」をキーワードに一人一人が納得のいく食材選びの方法、離乳食やおやつ、砂糖を使わない料理のことなどをお伝えします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。