FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬に一番おススメの料理といえば、やっぱり鍋

料理のコツ
02 /05 2018
冬場になると、我が家の食卓に頻繁に並ぶのが…
鍋!!


色んな種類の鍋の素が、お店にドドン!と陳列してあるのを目にしますよね。
皆さんは鍋をするとき、鍋の素使いますか?

何を隠そう、昔は私も、鍋の素が無いと鍋はできないと思っておりました。

ですが、今はほとんど買わなくなりました。
なぜなら…
鍋の素が高いから!!(笑)

素を使わないことで、自分好みの味にできるし、無添加になるから安全だし。
それに、一から作っても、それほど手間がかからないということに気づいたんです。

今日も我が家は鍋だったのですが、
出汁は昆布と干しシイタケを水にポチャンしただけ。
Image_9030b3b.jpg

時間がある時は朝から浸けておくと良いですが、今日は時間がなかったので水に入れて弱火で煮だしました。


さて、ここからは鍋をオススメしたい理由を書いていきます。

それは

①作るのが簡単
鍋の工程は出汁を用意し、食べやすい大きさに切ったお好みの材料をどんどん入れていくだけでOK♪難しいことは一切なく自由な料理だから。

②タンパク質脂質ビタミンミネラルが摂れる!=栄養バッチリ
肉・魚・豆腐・卵・野菜、ぜーんぶ入るので必要な栄養素が揃います。

③1品しか作らなくていいのに、主菜+副菜+汁物が一度に摂れる
忙しい主婦にとって、こんな嬉しいことはないですよね。ちゃんとしたものを用意できているんですから、サボってなんかないです!(断じて)

④体が温まる
温かく煮えた野菜やお肉、お出汁ですぐに体がぽかぽかしてきます。

他にも、ご飯や麺類で〆る食べ方をすれば血糖値を上げにくくするという嬉しい効果もありますし
離乳食への取り分けも簡単です!!


こんなに素晴らしい、非の打ち所のない料理なのに、
子ども達は飽きてしまうというのが唯一の悩みです。


我が家の4歳の息子も、今日の晩御飯は鍋だよ~というと、
「え~またー??」とご不満の様子…(^-^;

ですので、
私が取っている対策は二つ。

一つは、味にバリエーションをもたせること。

基本は、
昆布だしに酒、塩、しょうゆで味つけしているのですが、これに

・+味噌で味噌鍋

・+白味噌と豆乳で豆乳鍋

・+鶏手羽元(出汁をとる目的)とカレー粉でカレー鍋

・+鶏手羽元(同上)とトマト缶でトマト鍋

・+レモンでレモン鍋

などです。


二つ目は

子どもの好きな具材を入れること。

我が家の子ども達は麺類が好き。
ちゅるんとしてのど越しが良いからでしょうね。
でも、麺を最初から入れると伸びてしまうし、それしか食べなくなるので
春雨や葛切りを入れています。

あと、息子には何の野菜が好き?と聞いてから息子が答えた野菜を入れるようにしています。
自分のリクエスト通りになると、やはり嬉しいようで箸も進みます。


今日は豆乳鍋を作ったのですが、これが娘に大好評。
にんじんが嫌いでいつも見向きもしないのですが、パクパク食べてくれました。


豆乳鍋の詳しい作り方は、また後日載せたいと思います。
S_7422212582421.jpg


********************
●メールアドレス
makipom7☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

●Facebook
(友達申請お気軽にどうぞ)
http://www.facebook.com/maki.sugawara11

●Twitter
(フォローお気軽にどうぞ)
https://twitter.com/suga_maki_maki

●Instagram
(フォローお気軽にどうぞ)
http://www.instagram.com/maki.suga11
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スガワラマキ

1988年生まれ。東広島市在住の管理栄養士。2014年、2016年生まれの2児の母でもある。子ども達がアトピーを発症したことをきっかけに自然派という生き方にのめり込むが、心身ともに疲れてしまい脱自然派。不安や心配や義務や使命…はいったんほったらかして、自分自身の好きや楽しい、心地よさを意識する生き方にシフトしました。「こだわりすぎない、とらわれすぎない」をキーワードに一人一人が納得のいく食材選びの方法、離乳食やおやつ、砂糖を使わない料理のことなどをお伝えします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。