FC2ブログ

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の気持ち、お母さんたちに伝えたいこと

ランチ会
02 /11 2018
私は、どんなお母さんの味方でもいたいという気持ちでいます。

気が付いたら、子どもを優先して生きているのがお母さんという生き物。

最近炎上してましたよね、あたしおかあさんだからって歌のことで。
私自身は特に感動もしなかったし、怒りがわくでもなし、
へーって感じでしたが(^-^;
まぁそれは置いといて。

自分のことが後回しなのって当たりまえ。
どのお母さんも例外なく、本当に頑張っていると思う。


私、自分が子どもの頃から小さい子の面倒を見たりするのが大好きで
自分の子どもを持つのは本当に楽しみでした。

なのに、可愛いはずの我が子が悪魔に思えるときもあるなんて
(いつもじゃないですよ、そういうときもあるって話です。)
考えても見なかった。

イライラしてしまう気持ち、すごくよくわかります。

機嫌よくしていて欲しいがために
テレビ見せたり
好きな食べものあげたり
ずっと抱っこしたり

これが良い悪いは置いといて、私だってやるときあります。

何やってもダメな日ってあります。
できないときってあります。
やる気がない日だってあります。

晩ごはんのおかずがゆで卵とトマトだけだったり
いや、ごはんになにかかけただけの時もあったな…
部屋がぐっちゃぐっちゃだったり
朝からずっとお皿も洗えなかったり
お風呂に入る元気もなかったり(笑)

それはもう、しょうがない。
自分を責めても仕方ない。
過ぎたこと!そんなこともあったな~でいいんじゃないでしょうか。

何が言いたいのかと言うと
安心してください、私は完璧な人間とは程遠いですよー
ということ(笑)


極論ですけど、
お母さんが楽しいなって、機嫌よく笑ってさえいれば
子どもの機嫌もよくなるって
最近思うんです。

私は最近、できないことがあるときは
それを子ども達に正直に伝えます。
例えば、
「今日お母さんしんどいから、本読むのは一冊だけね」
とか。
意外に平気で受け入れてくれて拍子抜けするくらいです。
できないことを、子どもはダメって言いません
できないことをダメだって勝手に決めつけてるのは母親の私自身だったんですね。


過剰すぎるくらいの自分責め
良い母親でいなくてはと頑張りすぎること
イライラするのに抑え込んで無理矢理優しく笑顔を心がけて
誰が喜ぶんだ?と思います。
私がそうだったように
自分の気持ちを我慢しすぎるといつか爆発します。
こうなってくると本末転倒です。
健康をめざしているつもりが
いつの間にか不健康まっしぐら…。


だから私は
お母さんたちに頑張りすぎないで欲しいって心から思います。


手を抜くポイント、反対に手をかけてもいいポイント
を押さえておけば
楽するのって、全然悪いことではないですからね!!


そんな具体的な方法をお伝えしつつ
たくさんおしゃべりして
思いっきり食べて
ココロとカラダを充電していって
もらう場

そんな空間を自宅ランチ会では目指しています。

********************
~♪3月から、自宅(東広島市)でのランチ会始めます♪~

料理が苦手でしんどい
たまには誰かの作った料理が食べたい
離乳食、幼児食づくりを楽にしたい

そんなママたちが
リフレッシュしてココロもカラダも元気になる
場を提供したいと思っています。

一緒にお料理&ランチしながら、お話しましょう💛
アレルギー対応も致します。

◇定員1~3人。
お子様連れ大歓迎!
◇料金:1000円(オープン特別価格です)
◇時間帯:平日の10~13時の間で要相談

お問い合わせはコチラに
●メールアドレス
makipom7☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

SNS
●Facebook
(友達申請お気軽にどうぞ)
http://www.facebook.com/maki.sugawara11

●Twitter
(フォローお気軽にどうぞ)
https://twitter.com/suga_maki_maki

●Instagram
(フォローお気軽にどうぞ)
http://www.instagram.com/maki.suga11
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

スガワラマキ

1988年生まれ。東広島市在住の管理栄養士。2014年、2016年生まれの2児の母でもある。子ども達がアトピーを発症したことをきっかけに自然派という生き方にのめり込むが、心身ともに疲れてしまい脱自然派。不安や心配や義務や使命…はいったんほったらかして、自分自身の好きや楽しい、心地よさを意識する生き方にシフトしました。「こだわりすぎない、とらわれすぎない」をキーワードに一人一人が納得のいく食材選びの方法、離乳食やおやつ、砂糖を使わない料理のことなどをお伝えします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。